前もって把握が必要なこと|自分の価値を見直す|ヘッドハンティングがきっかけになる

自分の価値を見直す|ヘッドハンティングがきっかけになる

前もって把握が必要なこと

男女

積極的なアピールが重要

派遣は事前に定められた期間は就業する働き方としばらくは派遣として勤務し、その後正規雇用になれる可能性がある紹介予定派遣があります。一般的な派遣なのか、それとも紹介予定派遣なのかについては求人に記載されているため、前もって確認しておくことが大切です。紹介予定派遣は正規雇用に近い位置付けなので、採用されるためのハードルは高い傾向にあります。そのため、企業との面接を行う際も応募者は正規雇用の面接という意識で望むことが大切です。晴れて紹介予定派遣としての勤務が決まった場合、気を抜かずに仕事の中で積極的なアピールを実施します。そうすれば、企業側に必要な人材と判断され、より早く紹介予定派遣から正規雇用に移行できます。

正規雇用となるチャンス

紹介予定派遣として働くということは、正規雇用への道が見えているのでチャンスの状態と言えます。最長で6か月間は派遣として勤務することになりますが、企業側に実績や能力を認めてもらうことができれば、1か月や2か月で正規雇用になれる可能性があります。ただし、紹介予定派遣として採用が決まったからと言って正規雇用の道が約束されているわけではないです。派遣として勤務する中で企業側に認められなければ正規雇用で採用されない状況は考えられます。ですから、派遣で就業する期間で自分をしっかりとアピールしなければなりません。それでも、正規雇用になれる大きなチャンスを迎えている状況に変わりはないので、活かすための行動が求められます。