自分の価値を見直す|ヘッドハンティングがきっかけになる

ヘッドハンターからの勧誘

メンズ

転職の勧誘に対する工夫

突然見知らぬ人から電話を受けて転職を勧められる、このようなヘッドハンティングの勧誘を受けた経験のある人は少なくないものです。原状よりも高い報酬を得られる転職を進めるのが、ヘッドハンティングの目的です。もちろんそれなりの調査の上で誘うわけですが、実際に転職して報酬が増えた事例は2割ほどと言われます。そこで、このようなヘッドハンティングの誘いを受けた時にどのように対処すべきかを知っておくことは大事です。まず自分自身の市場価値というものを良く知っておくことが大事です。転職により報酬を増やせるとしたら、少なくとも現在の会社ではトップの成績を出している必要があります。単に不満があるから転職しようという気持ちでは上手くいかないというわけです。

ヘッドハントの特徴とは

ヘッドハンティングの報酬体系は、決定した年収の数割が報酬として入る仕組みとなっています。つまり、転職して年収が増えるか否かではなく、あくまでも転職先の年収が基準となっているわけです。そのために、ヘッドハンティングを受ける立場としてはきちんと自分の市場価値がその話を受けるだけのものであるかを冷静に考える必要があります。けれどももし、明らかに自分の働きが評価されていないと感じているのであれば、このような転職の誘いは良いチャンスと言えます。自分を必要としてくれる会社があり、なおかつそれに見合う報酬も提示してくれているのであれば検討する価値はあるというわけです。あるいは、そのような誘いをいつ受けても良いように、常に全力で仕事に臨むことが大事です。また、ヘッドハンティング会社に登録しておくのもいいでしょう。転職サイトのように自分の情報を入力しておくと、関連企業の方がそれを確認して本人と直接コンタクトをとってきます。登録の際は希望年収などを入力する箇所もあるので、それを書いておくことで、それに見合った企業から声をかけてくるでしょう。

魅力のある選択肢

面接

中小企業は大企業に比べて従業員数は少ないですが、能力があれば評価されやすい傾向にあります。また、中小企業が出している就職者向けの求人はたくさんあるため、その中から就職する企業をしっかりと選ぶことができます。

もっと見る

前もって把握が必要なこと

男女

紹介予定派遣で働く場合は、正規雇用での採用が近いからと言って気を抜くことなく、積極的にアピールすることで早めに正規雇用になれます。また、紹介予定派遣は正規雇用になれる大きなチャンスですが、活かせるかどうかは自身の行動次第です。

もっと見る

どんな仕事内容なのか

メンズ

製造の仕事にはいろいろなものがあります。何を商品化しているのか、調べておきましょう。また、転職の際、どこの担当を希望するのか明確にしておきます。商品の開発担当者か、商品の製造担当者かという点で仕事内容が違ってくるからです。

もっと見る